HOME > ニュース一覧>清水建設株式会社が2021年秋の開業に向け開発を進める「(仮称)豊洲六丁目4-2・3街区プロジェクト(建設DXプラットフォームの構築)」に参画 - プロパティデータバンク株式会社

2020年4月21日
プロパティデータバンク株式会社

清水建設株式会社が2021年秋の開業に向け開発を進める「(仮称)豊洲六丁目4-2・3街区プロジェクト(建設DXプラットフォームの構築)」に参画

 プロパティデータバンク株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:板谷敏正、証券コード:4389)は、2020年4月2日に清水建設株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:井上和幸、証券コード:1803)が発表した同プロジェクトの中の一部である「建設DXプラットフォームの構築」に協力することとなりましたことをお知らせいたします。

同プロジェクトの詳細につきましては、2020年4月2日付 清水建設株式会社発表(日本初の「都市型道の駅」を豊洲エリアの自社開発施設に整備 ~豊洲スマートシティを先導する次世代型交通結節点「豊洲MiCHiの駅」~)をご覧ください。

https://www.shimz.co.jp/company/about/news-release/2020/2019055.html

注:清水建設株式会社は、当社発行済株式の20%超を保有しており、当社のその他の関係会社に該当いたします。




以上



ソーシャルメディア